東洋リース

toyomaga Vol.119 2018/11/1

 このメールは東洋リース社員と名刺交換させていただいた方、
 お問い合わせいただいた方等にお届けしています。
 大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合下記URLより配信停止のご連絡を
 お願いいたします。
 URL →→→ http://www.tyl.jp/magazine/form_02/index.html
 

 
 目次 −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
  ・toyoレンタルコラム
  ・今月のトピックス
  ・今月のお知らせ
  ・ちょっと一息
  ・ワンポイントアドバイス
  ・今月の出来事
 −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

■□■
□■    toyoレンタルコラム

  【燃料水抜き】
 タンク内の気密性が低いため(おもに古い車)天候により高湿度がタンク内に影響する。・給油時に空気中の水蒸気がタンク内に入り、外気とタンク内の温度差により結露が発生する。
気温・湿度の影響によりタンク内に水分が発生し、タンクに溜まってしまいます。燃料タンク内の燃料と水の比重差から、水が燃料タンクの底に溜まります。
そのため、金属製の燃料タンクの場合、底に錆が発生する可能性があります。
錆が進行することにより、タンクに穴が開いてしまう危険性、エンジンに水分が送られることでエンジンが不調になる可能性もありますので、燃料タンク内に水が溜まったまま放置しておくことには危険です。
長期間使用して頂いているお客様には定期的な水抜きの実施をお願いしていますのでご協力のほどよろしくお願いします。


■□■             
□■    今月のトピックス    

  【でえれぇアゴ】
 東洋リースでは、「でえれぇアゴ」が入荷し既に稼働しています。「でえれぇアゴ」は油圧式フォークの様に脱着可能なアゴ付きバケットのアタッチメントです。
通常、解体用アゴ付きバケットはアーム下部(バケットシリンダーの反対側)にアゴバケットを動かす為のシリンダーを取り付ける為、ブラケットを溶接取り付けする必要が有ります。
その為時間も費用も要しますが、「でえれぇアゴ」なら配管付きショベルで有れば、改造無しで取り付け出来ます。しかも操作性は従来のアゴ付きバケットと何ら変わりません。是非一度お試しあれ。


■□■
□■    ちょっと一息 

  【勤労感謝の日】
 11 月といえば勤労感謝の日を思い浮かべる人も少なくはないかと思います。 子供のころ、11 月は2度も休みがあるラッキーな月だと思っていた人もいるでしょう。
現在の勤労感謝の日とは普段忙しく働いているお父さんやお母さんに楽をしてもらおうと感謝の気持ちを込めて、食事をプレゼントしたり、喜ぶプレゼントを渡す人が多いようです。
そこで、最近のプレゼントのランキングを調べてみました。一位:財布 二位:万年筆 三位:マフラーでした。一位〜三位はどれも年代問わず、贈れる商品だと思います。
順位にはありませんでしたが、手作り・名入れ等の商品も大人気のようです。名入れ・手作りの商品は、その人だけのたった一つしかない特別な贈り物になるのではないでしょうか。
勤労感謝の日、まだ検討されていない方は是非参考にしていただけたらなと思います。
  
  
■□■
□■    ワンポイントアドバイス

  【混合ガソリン商品について】
 多くの機械で燃料の混合比が設定されていると思います。 25:1と50:1が標準的混合比となっています。 最近は50:1を使う方が増えてきています。 (50:1はエンジン内部やマフラーの汚れが少ない、排気ガスが綺麗、等々良いことが多いです) ただしそれぞれに専用のオイルがありますので間違っても25:1用のオイルで50:1を作らない ようにしてください。 混合が薄い場合はすぐにエンジンの焼き付きということになります。 逆に濃い場合はそれほどの問題は起こりません。


■□■
□■    今月の出来事

  【冬支度】
 11月はもう冬だと言っても良いほど寒さに耐えられなくなりそうな日も多くありますよね。 暦で言うと11月は実際にはまだ秋の季節に入ります。
季節の変わり目はどうしてもスイッチは入りにくかったり、気怠さを感じてしまいがちですが冬にしかできない遊びや、楽しみもたくさんあります。
ネットなどで調べたら一番にでてくるのが、スキー・スノーボード関係でした。岡山でもスキー場は多くあるようで、初心者や子供連れの家族にも大変人気なのが新見千屋温泉の近くにある、いぶきの里スキー場です。
キッズパークが充実していたりお菓子撒きイベント等も開催していて、子連れの家族で行かれたり、友達といかれたりと世代問わず、楽しめるスポットになっています。
雪山で楽しんで終わった後は近くにも温泉施設が充実しているそうです。参考までに是非機会がありましたら行ってみてください。
   




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【配信元】
株式会社 東洋リース 
ご意見・ご感想は :s.marketing@tyl.jp
URL :http://www.tyl.jp/
大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合、
下記URLより配信停止のご連絡をお願いいたします。
URL :http://www.tyl.jp/magazine/form_02/index.html
COPYRIGHT©東洋リース. ALLRIGHTS RESERVED.