東洋リース

toyomaga Vol.118 2018/10/1

 このメールは東洋リース社員と名刺交換させていただいた方、
 お問い合わせいただいた方等にお届けしています。
 大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合下記URLより配信停止のご連絡を
 お願いいたします。
 URL →→→ http://www.tyl.jp/magazine/form_02/index.html
 

 
 目次 −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
  ・toyoレンタルコラム
  ・今月のトピックス
  ・今月のお知らせ
  ・ちょっと一息
  ・ワンポイントアドバイス
  ・今月の出来事
 −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

■□■
□■    toyoレンタルコラム

  【フロントガード・ヘッドガード】
 現在、コンクリート圧砕機、解体用つかみ機、鉄骨切断機、油圧ブレーカーなどの解体用アタッチメントを使用する際は、パワーショベルにフロントガード、
ヘッドガードを取り付ける事が義務づけられています。
フロントガード、ヘッドガードを取り付けていると、落下や破砕したものが飛来してガラスが割れるといった事も防げ、安全に作業できます。
東洋リースではキャビン仕様のパワーショベルはもちろんですが、PC18MR〜PC40MRのキャノピ仕様のパワーショベルにもフロントガードが装着する事が可能になっています。
解体機械を使用する際は必ずフロントガード、ヘッドガードを装着するようお願い致します。


■□■             
□■    今月のトピックス    

  【でえれぇアゴ入荷!!】
 多くの解体現場で使用されているアゴ(セパレートフォーク)付きのパワーショベルですが、ついに脱着式のアゴ(セパレートフォーク)が入荷致しました。
その名も『でえれぇアゴ』。大きな特徴は併用配管機のパワーショベルであればブラケットの溶接をしなくても装着可能。
ピンを取り外して他のアタッチメントにも簡単に交換することが出来ます。「すくう」「つかむ」「とりはずす」の三拍子揃った『でえれぇアゴ』。是非一度、お試し下さい。


■□■
□■    ちょっと一息 

  【北海道胆振東部地震】
 平成30年9月6日午前3時8分、北海道を過去最大の地震が襲いました。
これは北海道胆振地方を震源とするマグニチュード6.7の地震で、厚真町では最大震度7を観測しました。この地震で最も影響を受けたのは電力。
震源地の近くにある北海道全体の半分の電力を供給していた苫東厚真火力発電所が停止しました。
他の火力発電所が需要量をまかなおうとしたが追いつかず、逆に設備への負荷やトラブルを避けようと安全機能が作動して供給を次々と遮断して北海道全域での停電になったそうです。
その他にも災害がひどく、復興にも時間がかかると言われています。今年は豪雨、台風、地震と自然災害が多く発生しています。もしもの時の準備をしっかりと行っていこうと思います。
  
  
■□■
□■    ワンポイントアドバイス

  【発電機の安全な使用方法】
 先日、発電機を部屋へ持ち込んで使用し、一酸化炭素中毒で死亡したニュースがありました。発電機はエンジンを回すと排気ガスがでます。
カセットコンロとは異なり、排気ガス中に毒性の強い一酸化炭素が多く含まれている為、屋内、倉庫、車内、井戸、トンネル、タンク内など換気の悪い場所では使用しないようお願いします。
また、燃料の注入はエンジンを止めてから行って下さい。燃料の注入時にこぼれたらきれいに拭き取り、完全に乾いてからエンジンを始動させて下さい。雨の中や濡れたままでのご使用もしないで下さい。
漏電事故を招く恐れもありとても危険な為、発電機の水洗い、濡れた手での操作も絶対に行わないようお願い致します。。


■□■
□■    今月の出来事

  【衣替え】
 10月に入り、まず最初にする事といえば『衣替え』です。東洋リースでも作業服が夏仕様から冬仕様へ変更されます。皆様の会社でも衣替えを実施されているところもあるかと思います。
この衣替えですが、調べてみると時代と共に変化をしてきたようです。日本の衣替えの始まりは平安時代で、当時は更衣(こうい)といい、旧暦の4月1日と10月1日の年2回行われていました。
江戸時代に入ると、衣替えの日と着物の種類が定められ、年4回となりました。そして明治時代にはいると、現在の6月1日と10月1日の年2回が衣替えの日となりました。
衣替えを行う事で季節の変化を感じていきたいと思います。
   




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【配信元】
株式会社 東洋リース 
ご意見・ご感想は :s.marketing@tyl.jp
URL :http://www.tyl.jp/
大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合、
下記URLより配信停止のご連絡をお願いいたします。
URL :http://www.tyl.jp/magazine/form_02/index.html
COPYRIGHT©東洋リース. ALLRIGHTS RESERVED.