東洋リース

toyomaga Vol.117 2018/9/1

 このメールは東洋リース社員と名刺交換させていただいた方、
 お問い合わせいただいた方等にお届けしています。
 大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合下記URLより配信停止のご連絡を
 お願いいたします。
 URL →→→ http://www.tyl.jp/magazine/form_02/index.html
 

 
 目次 −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
  ・toyoレンタルコラム
  ・今月のトピックス
  ・ちょっと一息
  ・ワンポイントアドバイス
  ・今月の出来事
 −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

■□■
□■    toyoレンタルコラム

  【PC78US以上の建機アタッチメント使用時のモード設定について】
 弊社が保有するPC78US以上の建機では、モニターにてアタッチメントモードの切替が出来ます。
ブレーカーモード」「アタッチメントモード」など、必ず使用するアタッチメントのモードに切替を行ってから使用して下さい。
それぞれのモードで流量が変わり、例えば油圧ブレーカー使用時にアタッチメントモードにて使用されますと、流れる油の量が多くなり、
ブレーカーに負荷がかかり、その結果ブレーカーの故障へと繋がることもあります。
長く安全にご使用いただく為にも、作業開始前にモード設定の確認・変更を行ってから使用していただきます様お願いいたします。


■□■             
□■    今月のトピックス    

  【2吋残水ポンプ】
 今回は、弊社のレンタル商品の中で、100V電源で使用可能な、2吋残水ポンプのご紹介をいたします。
通常の水中ポンプと比べた大きな特徴としては、ポンプ底部より5mmの水位があれば揚水が可能であり、さらに水位が1mmまで排水が出来るところです。
揚程は8m程度。吐出し方向は、ナットを緩めてホースカップリングを反転するだけで、容易に上向きから横向きへと変更が出来、
ホースを横へ引く時の折れ曲がりも防止します。材質は床面を傷つけない合成ゴム付き底板を使用しており、FRP槽などでの使用にも適しています。
また、2吋の泥水ポンプも数を増やしております。是非御利用下さい。


■□■
□■    ちょっと一息 

  【天皇陛下在位30年記念硬貨】
 天皇陛下在位30年を記念して、1万円金貨と500円銅貨の発行が決まり、先月図柄が発表されました。1万円金貨は表に鳳凰とキリそして白樺を、裏には菊の紋章がデザインされています。500円銅貨は表にご成婚の際にパレードで使用した儀装馬車とキリと白樺を、裏には同じく菊の紋章がデザインされています。1万円金貨は純金製で直径28mm、重さ20gで製造費が1万円を超える為、額面を上回る価格で販売するプレミアム型の記念硬貨だそうです。
11月1日から申込みを受け付けるそうです。販売価格は金貨単品で13万8千円。
高価な硬貨ではありますが、記念にいかがでしょうか?
  
  
■□■
□■    ワンポイントアドバイス

  【人も機械もひと休み】
 今年は梅雨明けとともに猛暑が続き、全国的に40℃を超える地域があったりと、身体の疲れが取れないという方が多いのではないでしょうか?
9月に入ってもなお、暑い日は続いています。水分・塩分補給を行い、適度に休憩をとっていただき、残暑を乗り切っていただければと思います。
そして、建機も暑さで機体の温度が高くなり、オーバーヒートし易くなっています。
連続で長時間使用することは避け、合間にクールダウンの時間を設けていただく様お願いいたします。
また、ラジエーターに塵や埃が詰まると冷却機能が低下します。エアーによる定期的なラジエーターの清掃も、重ねてお願いいたします。


■□■
□■    今月の出来事

  【オカヤマアワード2018】
 9月22日に内山下にありますルネスホールにてオカヤマアワード2018の授賞式が開催されます。
このオカヤマアワードは2010年より岡山の経済や文化の向上、地域活性化、若手支援を目的に創設されました。
同じ業界のプロがプロを選ぶ「部門賞」と選考委員会が選ぶ「特別賞」を選出し、さらに全ての受賞者の中からその年の『ベストオブザイヤー』を選出します。
このオカヤマアワード、岡山で活躍している・貢献している・岡山出身で大活躍している身近な方がいれば、誰でも推薦出来るようです。
来年は是非、身近で活躍している方を推薦してみてはいかがでしょうか?そして、今年のベストオブザイヤーに輝く方は誰なのでしょうか?
   




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【配信元】
株式会社 東洋リース 
ご意見・ご感想は :s.marketing@tyl.jp
URL :http://www.tyl.jp/
大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合、
下記URLより配信停止のご連絡をお願いいたします。
URL :http://www.tyl.jp/magazine/form_02/index.html
COPYRIGHT©東洋リース. ALLRIGHTS RESERVED.