東洋リース

toyomaga Vol.37

 このメールは東洋リース社員と名刺交換させていただいた方、
 お問い合わせいただいた方等にお届けしています。
 大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合下記URLより配信停止のご連絡を
 お願いいたします。
 URL →→→ http://www.tyl.jp/magazine/form_02/index.html
 

 
 目次 −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・
  ・toyoレンタルコラム
  ・今月のトピックス
  ・今月のお知らせ
  ・ちょっと一息
  ・ワンポイントアドバイス
  ・今月の出来事
 −・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

■□■
□■    toyoレンタルコラム

【大割圧砕機の活用方法】
 解体工事の現場で使用される大割圧砕機をご存知ですか?コンクリートや岩を破砕する開閉アームが、
昆虫のクワガタの角の様な形をしているパワーショベル用のアタッチメントです。
用途は解体工事だけだと思われがちですが、最近では土木工事等の設計にも記されています。
騒音に厳しく油圧ブレーカーを使用出来ない街中の工事現場、油圧ブレーカーの構造上チゼル部分から
水を吸い込む為に、使用出来ない河川工事、海辺の工事などで使用されています。
 この優れた大割圧砕機ですが、使用にあたって注意点があります。構造物の基礎を破砕する作業では
破砕アームの先端を下向きにしての破砕作業、ショベルに対して手前側に破砕アームを向けての作業が
発生する場面がありますが、破砕アーム先端をこねる(捻る)様に使用すると、アームの先端部分
が折損してしまうことがあります。これは破砕アーム先端は破砕方向への力にはとても強いのですが、
その他の方向の力(横方向の力)にはめっぽう弱いからなのです。なるべく破砕対象物の真上から
破砕アームに捻れの力が発生しない様に真っ直ぐ破砕することで、予期せぬ破損を防止することが出来ます。
 大割圧砕機以外の、油圧ブレーカー等のパワーショベル用アタッチメント全般に共通する取扱い注意点
として、シリンダーストロークのエンド状態でアタッチメントを使用すると、シリンダーの破損、
バケットリンク曲り、各連結ピン折損等を起こすことがあります。
これはパワーショベルの重量にアタッチメントの長さと破損の衝撃で局部的に大きな力が発生して
しまうからです。思わぬ破損を防止、発生させない為に、シリンダーストロークのエンドではない
状態での作業と、ご使用をお勧めします。パワーショベルから破損物までの距離を上手くとり、
シリンダーストロークのエンドではない状態で、機械に負担の掛からない運転操作、取扱いをして
頂きたいと思います。
 当社レンタル品では大割圧砕機のラインナップを、バケット容量0.02㎥クラスのミニショベル用から
0.8㎥クラスの大型ショベル用の物までラインナップを揃えており、様々な場所や場面、
工事現場で活躍しています。
大割圧砕機他、各種パワーショベル用アタッチメントを取り揃えておりますので使用したい現場など
是非ご相談ください。皆様からのご連絡、お待ちしております!


■□■             
□■    今月のトピックス    

  【解体機械本体セットがお得!】
    東洋リースは、解体機レンタルのパイオニアとしてお客様により安心してご利用いただけるよう、
   下記のような取り組みを行っております。
1. 一流のアタッチメントを用いたハイパワーで、作業能力UP、コスト削減に貢献します。
2. 充実したラインナップにより、解体から運搬作業までアタッチメント交換により本体1台で対応出来ます。
3. 長年培った経験とノウハウを生かし、素早い修理対応、保全、管理能力に優れており、
常に高品質なアタッチメントをご提供致します。
   解体工事について詳しくはお近くの店舗までお問い合わせください。


■□■
□■    今月のお知らせ Nov. 

  【重機レンタルの強化、サービス向上】
 東洋リースは、今までの重機主体のレンタルでは公共工事の減少や価格の超下落などで
厳しくなるとの事で、ここ数年作業車や設備関係などに視野を広げて活動をしてきました。
しかし、この度強みを生かし原点に立ち返る為改めて当社の強みである重機関係に力を入れよう
と思い、パワーショベルの大幅な増車をしました。今まで以上に多くのお客様にご利用して
頂けると思います。
 また、10月に一部組織変更を行い、新たなスタートを切りました。特に保全課(商品の保全)と
サービス課(商品の集中修理、貴社機修理、塗装など)の部門に分けていましたが、それぞれの特徴を
活かし1つの部門に統合させています。今まで以上にお客様へのサービスを向上させていく所存です。
ご意見やご感想、レンタル商品などについてもお気付きの際は各店舗まで是非ご連絡ください。


■□■
□■    ちょっと一息 

  【世界人口70億人】
    10月31日、国連人口基金が世界人口が70億人になったと認定したそうです。
   そのうち日本の人口は1億2700万人だそうで、私の生まれた45年前と殆ど変っていませんが
   世界ではこの間6〜7割も増えた事になります。
   そしてこの期間に増えた人口のうち殆どが発展途上国で、それに加え世界の穀物市場は年々急騰を
   続け、貧しい国での食糧不足はますます深刻化しているそうです。そうした中私達日本人は先人達の
   努力によって、経済的に豊かになり低い食糧自給率にも関わらず、世界一豊かな食生活を送れて来たのでは
   ないでしょうか。
    ところが近年、世界的な異常気象や狂牛病、鳥インフルエンザに代表される家畜伝染病等により、
   食糧の輸出入に制限される事例が増えてきて、様々な食料品や商品が値上がりをみせています。
   こうした中で、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の是非を巡って連日議論されていますが、
   食糧安全保障の観点を置き去りにされることが無いよう願うばかりです。
   今後近い将来、食糧を輸出してくれる国が激減したとしても、日本の農業が壊滅していては
   日本で飢餓が発生することも有り得ない話ではないのではないでしょうか?
   今後の議論を見守っていきたいと思います。
   『ちょっと一息』のタイトルに重い話題ですいません。。。
  
  
■□■
□■    ワンポイントアドバイス

  【補償制度のメリット】
    私たちがお勧めする補償制度は、レンタルの趣旨に基づいています。
   お客様が必要な時に必要なだけ、レンタル機をご利用いただくことで、お客様ご自身が機械を
   持たなくてもよい、というのがレンタルの最大のメリットです。
   補償制度も同じです。保険を1年かければ、その保険料は莫大なものになり、お客様は
   不必要な部分まで保険料を支払わなければならないかも知れません。補償制度はお客様が
   レンタル機械をご利用いただく間(出庫日から入庫日まで)だけお支払いいただくことで、
   無駄な保険料の支払いをなくし、更に作業中や運転中の事故までをきちんと補償します。
    補償制度は作業・運転を行う上で安全に安心して機械をご利用いただくことが出来るように
   考えられた仕組みなのです。
   是非、お客様にメリットのあるレンタル機械をご利用いただき、現場の効率化に役立てて
   いただければありがたいと思います。


■□■
□■    今月の出来事

  【秋祭り】
    今年も私の住む町で秋祭りが行われました。毎年10月中旬の土日に、額建てを行い
   神社に奉納の祈祷をして、神輿を引いて練り歩きます。
   毎年ではありませんが、参加出来るときには額建てにも参加していますが、初めて参加したのは
   長男が小学校低学年の頃で、積極的に高い所に上がって設置を手伝ったものでした。
   今年はお手伝い出来ませんでしたが、昨年組み立てに参加した時に随分体が重くなってしまった
   上に筋力も衰えたようでもう上には上がれなくなってしまいました。
   それもその筈で、小学校低学年だった長男も今は大学生ですから、あれから15年位経つでしょうか。
   参加している父兄の方々も当時は同年代位の方ばかりでしたが、今は自分より若いお父さんお母さん
   たちばかりです。当たり前ですが(^_^;
    お祭りに限らず、10月は町内運動会など多くの催しがあり、当時の私のように新参で
   引っ越して来たものには、近所の方々との親交を深めるには絶好の機会ではないでしょうか。
   最初は面倒に思う事もありましたが、参加してみたら結構面白いし良い経験です。
   裏方は大変な分、良い思い出になる事が多い気がしますね。
   




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【配信元】
株式会社 東洋リース 
ご意見・ご感想は :s.marketing@tyl.jp
URL :http://www.tyl.jp/
大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合、
下記URLより配信停止のご連絡をお願いいたします。
URL :http://www.tyl.jp/magazine/form_02/index.html
COPYRIGHT©東洋リース. ALLRIGHTS RESERVED.